MENU

しわやたるみと同じように、エイジングサインとして気になるのがしみとくすみです。
肌の透明感が失われ、あちこちに薄いしみや濃いしみが混在している顔を見ると、鏡を見るのが苦痛になってきます。

 

でも、炭酸パックを使い始めてから、だんだんと肌のトーンが明るくなってきました。
きめが細かくなって乳液や美容液の浸透も良くなったみたい。
しみも、以前より薄くなったように感じます。

 

年齢を重ねるにつれて肌がくすんでしまうのは、ターンオーバーの乱れがお主な原因とされているようです。
対策としてよく言われているのはピーリングやゴマージュですが、それだと、肌の表面にある古い角質を取り去るだけ。
もちろん、古い角質をはがすことは大切ですが、炭酸パックを使うと、肌の奥深くまで浸透するので、細胞レベルで肌の活性化が期待できます。

 

 

結果、血行がよくなり、自然とターンオーバーも正常化されるので、お肌のトーンが明るくなるのだそうです。
ターンオーバーが促進されると、メラニンや老廃物の排出もスムーズになるので、シミが薄くなり、お肌もすべすべになります。
日ごろのお手入れに効果的な炭酸パックですが、うっかり日焼けしてしまった後の応急処置にも使えそうですね!